ライスパワーエキス

夏の乾燥肌を守るのバリア機能の働き

暑い夏は、室内でエアコンを欠けると気持ちのよい冷風に当たるのが最高です。
扇風機も同様で、顔に風が当たると、生き返った気分になります。
しかし、肌にとっては、どんどんと水分を吸い取られていって、乾燥肌を作っていることになります。

 

体だけあたって、涼しくなるのが良いということになりますが、気持ちとして、顔に当てたい気持ちはよくわかります。
乾燥肌を気にされている方は、せめて濡れタオルを顔に当てて、エアコンに当たると言った工夫をすることで、乾燥肌の防止ができます。
とは言え、メイクなどをしていたり、オフィスなどでは難しいことになります。

 

そんな時には、肌のバリア機能を上げることを考えてみましょう。
夏は暑い、エアコンは涼しい、風には当然当たりたいということであれば、風にあたっても乾燥肌にならない肌を作ればよいのです。
強い肌を確立することで、エアコンにあたっても乾燥しないことです。
それには、スキンケアが大切になります。

洗顔からのスキンケアで、肌に負担をかけずに、美容成分をタップリと肌に浸透させることができれば、少しの乾燥でも夏の乾燥肌にはならないはずです。
年齢肌を感じた時のスキンケアの見直し、肌に刺激を与えないメイクなどを考えてみてください。
この強い肌は、紫外線に対しても効果があります。

 

日焼け止めは当然のアイテムですが、そればかりではなく、バリア機能がしっかりしている肌は、乾燥に強く、紫外線をはねのけてくれます。
それによって、夏の乾燥肌を徹底的に排除することができるようになります。
夏の肌を守るために、あまりゴシゴシこすったり洗い過ぎないことです。

 

汗をかいてしまって、洗顔の回数を増やしたり、さっぱりすると思っていても、皮脂などが洗い流されてしまっている事が多くあります。
ある程度の皮脂は、バリア機能として残しておかなければならないものですから、必ず洗いすぎには注意が必要になります。
夏の乾燥肌を防止するためには、肌に対して何かと気を使うことが大切です。